原型できました

ダイオウグソクムシ男の原型が完成しました。
これから型を取ってワックス作業なのでしばらくかかりますけど、ワンフェスには間に合わせたいです。
gusokumusi 01
こちらがAタイプ。バックルをつけてクサヤ銃をかまえたかっこいいスタイルです。
早撃ちはキャプテンウルトラにも負けないです。

gusokumusi 02
Bタイプ。この画像はバックルつけてますが、商品ではバックルのない状態での販売になる予定です。
おもわず抱きしめたくなる。そんな愛らしい怪人だと思います。
(ダイオウグソクムシ男はその日の気分に応じて自由に五本指になったり鍵爪になったりします)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

バックル&クサヤ銃つきのAタイプの方が
お得感があるし、人気もあると思うので
Aタイプの方を多めに生産していただけると
個人的にうれしいです。
争奪戦は(´;ω;`)

AとBとでは若干塗装が違ったりするのでしょうか?
後姿がとっても愛らしくて好きです。
来年が待ち遠しいな~

>ねねたんさん

ぼくもAのほうが好きですけど、やっぱそうでしょうか。
塗装はまだ考えてませんけど、両方買ってくれる人のことを考えたらAとBでは変えたほうが良いでしょうね。
まあ、争奪戦といっても僕の場合は出し惜しみなんかしないし、そんなに心配要らないと思いますよ。

チビラ

こんにちは、怪人大好物です。
今、ヤフオクに見たこと無いチビラくんのフィギュアが出品されています。
出品者もどこのメーカーか分からないとの事ですが、ホント、どこのメーカーの物なのでしょうか?

怪人大好物さん

いま見てきました。
ポリ製のやつですよねえ。
あんなの初めて見ましたよ。ビックリです。
おそらくけっこう高くなるので買うのは無理でしょうが、見られただけでもラッキーでした。ありがとうございます。

ファンシートイ

こんにちは、怪人大好物です。
チビラくんといえば、今度、zollmenさんがガリンポから販売なさるファンシートイって、どう見てもチビラくんが元になっているとしか思えませんね。
ファンシートイ、用チェックですよ。

ファンシートイ、面白いですね。
昔のパチ怪獣特有の「毒気」みたいなものがよく出ていると思います。
ぶたのはなさんのチビラくんシリーズも大好きです。

販売方法

こんにちは、怪人大好物です。
zollmenのファンシートイ、欲しいところですがzollmenの商品、殆どが抽選販売で当たりゃ~しないのでドスルーですね。(笑)
しかし昨今パチ系ソフビを販売しているメーカーって、なんで販売数を抑えて販売するのか謎です。
そのせいか転売屋が暗躍してロクな事ないし…
ホントに欲しい人達の為に先払いの受注生産販売にして欲しいところです。
そうすればメーカーさんも売れ残りの心配ないしホント欲しい人達も確実に買えますので…
ホントのパチ系ファンなら販売されるまで時間がかかっても待ってられますよね。
ヤモマーク様のようにファンの声に応えて再販してくれるようなメーカーはファンを大切にしてくれているなと感じますが、他のメーカーってホントにファンの気持ちを汲み取る気があるのか…
転売屋が儲けてなんの意味があんるだ~
ところで、バラバランの再販はいつ頃予定でしょうか?(笑)
後、パチサミで売られたキノコ汁男のグランベリーカラー?って通販予定ありますか?
まあ、グランベリーカラー?はイベントに行けた人達へのご褒美的商品でしょうから通販無くても仕方ないと思いますが…
ps.ヤモバズーカのblobpusカラーも面白そうですね。

怪人大好物さん

基本的にぼくは転売やさんもお客さんなので悪くは言いたくないですし、他のメーカーさんの数を絞るやり方も理解できなくはないです。
みなさんが生産数をわざと少なくする理由は、インディーズメーカーのソフビは「生産数が少ない」「後からプレミア価格がつく」ということが価値のひとつになってるからだと思いますよ。(実際いつまで同じ商品を残しておくと誰も買ってくれなくなってしまいます)

自分としてはソフビのそういう一面も大事にしながら、それをあまりにも前面に押し出すんじゃなくて、熱心なお客さんには一通り手にしてもらえる適度にレア感を残しつつ地方のお客さんにも気軽にコレクションしてもらえるようにしたいと考えています。
そうしないと、現在ソフビを集めてるお客さんって東京か関東周辺の人が圧倒的に多いんですよ。
東北や北海道、中国地方にだって怪獣の好きな人は同じ割合でいるはずなのに、ほとんどの人が「イベント限定」の連発でソフビコレクションをあきらめてしまったんだと思うのです。
ぼくもイベント限定をやりたい気持ちはあるんですけど、そのことを考えるとイベント限定品はなるべく控えめに、または他メーカーさんとのコラボだけにしておこうかと考え直したりします。
それと材料の発注ロットの関係で受注販売が難しいことはご理解いただきたいです。

バラバランの再販の件ですが、できれば来年の2月くらいにはやりたいと考えています。
色とか販売形式はまだまだ検討中なのですよ。
決まったらまたブログでお知らせしますのでお待ちくださいね。
あ、ピンクのキノコ汁男はちゃんと通販分も残してありますのでよろしくお願いします。

ブロッパスさんのヤモバズーカはぼくもまだ見てないんですが、いつも素晴らしい塗装なので楽しみです。
プロフィール

ヤモマーク

Author:ヤモマーク
2008年の4月からはじめたレトロ怪獣ソフビのメーカーです。

趣味は爬虫類飼育、ビンテージ怪獣人形の収集、酒、その他いろいろです。怪獣マニア歴は30年以上のベテランですが粘土をこねる以外は何も出来ません。
人の顔を覚えるのが大の苦手。何度か会った方でも顔を忘れてしまうことがありますが、どうかお許し下さい。

代表 土岐悟(どき さとる)
メール yamomark@triton.ocn.ne.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード